頭皮の臭いに悩む女性は意外と多い!

頭皮に限らず、毛穴には、常在菌(良い働きをする菌)が存在し、
この菌が皮脂を分解することで、保湿したりバランスを保っているわけです。

ところが、アラサー・アラフォーともなると女性も分泌される皮脂に
加齢臭の原因ノネナールの元「ヘキサデセン酸」が増加するんですね。

これが常在菌によって分解されると、とうぜん頭皮も臭います。

このニオイを抑えるには、

  • 皮脂の酸化を防ぐ!
  • 過剰な皮脂の分泌を抑える!
  • 皮脂と常在菌のバランスが大切

    頭皮の加齢臭やべたつきを抑えるヘアケアのポイントを紹介します。

    バランスの良い食事
    揚げ物や肉など脂肪分の多い食事は、頭皮も脂っぽくなりがち。

    年齢と共に体内の抗酸化物質の働きが弱ってくるので、食事もそうですが飲酒や喫煙、
    ストレスなどで活性酸素が皮脂を酸化させると頭皮も臭うようにもなります。

    食生活の乱れは、皮脂が過剰に分泌されたり頭皮が乾燥したりと頭皮にも影響がでるのでビタミンやミネラルを積極的に摂り、頭皮や髪を健やかに保ちたいですね。

    シャンプーの仕方
    汚れやニオイが気になるからと言って、1日に何回もシャンプーしたり
    かゆい所を爪を立てて洗うのはよくありません。

    ブラッシングで髪の毛の汚れを落とし、シャンプーをする前に髪をぬらした時
    予洗いをきちんとすることで、汚れの8~9割は落ちるそう。

    シャンプーを使いすぎると必要な皮脂まで洗い落され、乾燥すると皮脂の分泌が増えて
    フケが増えたり、べたつきニオイの原因にもなります。

    また、すすぎが十分ではなくシャンプーやトリートメントが頭皮に残ったままだと
    毛穴を詰まらせ酸化し 臭う原因になるので、頭皮に残らないよう丁寧にすすぎましょう。

    ドライヤーを使おう
    タオルドライだけで済まさず、きちんとドライヤーを使って乾かします。

    1. 髪の根元 (半乾きだと雑菌が繁殖。しっかり乾かすことがポイント!)
    2. 髪の毛 (完全に乾かすと乾燥するのである程度でOK)
    3. ブローは根元から毛先へ

    この順番で乾かしていきましょう。

    頭皮も顔もお肌は同じ。つながっていますよね。
    きちんと汚れを取り除いて、ケアをしていないと良い状態は保てません!

    頭皮の嫌なニオイとさよならして、サラサラヘアでいたいですね。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする